読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ホンダ CBR150Rはここが凄い‼︎

f:id:Rustyman:20170212195112j:plain

2016年にマイナーチェンジしたホンダCBR150R。上位クラスにも負けないレーシーな雰囲気のカウルで迫力満点のライトウェイトスポーツです。

生まれ変わったエントリークラスのスポーツバイク

f:id:Rustyman:20170212195121j:plain

デザイン的にはCBR400RやCBR250RRに通じるきつめのスタイルで、それまでのCBR150Rとは大きく異なる物になりました。フルカウルはよりスポーティになったので、SSファンには好ましい変化と言えそうです。ヘッドライト、テールランプ等の灯火類は全てLEDを使用しています。マフラーエンド等随所にアルミパーツを使用することで高級感を高めています。カラーリングはレッド、ホワイトの他、ホンダ伝統のレプソルカラーも用意され、選択肢としては多めです。メーターはフルデジタルメーターですが、CB150Rとは微妙に異なるデザインを採用しています。シフトインジケーター等を搭載した多機能なメーターやセパレートハンドル等のおかげでハンドル周りはレーシーな雰囲気に作られています。

サスペンションは正立フォークとプロリンク式のモノショックを装備します。ブレーキはフロントリア共にシングルのディスクブレーキになっています。
タイヤサイズはフロント100/80-17、リア130/70-17を履いており、細めのタイヤでコーナーリング時のシャープさを演出しています。

 

f:id:Rustyman:20170212195320j:plain

エンジンは新世代型の149ccの4ストローク水冷単気筒。ボアストロークは57.3mm×57.8mm、圧縮比は11.3:1です。最大出力は17.1馬力/9000回転、最大トルク1.4kg-m/7000回転でネイキッドのCB150Rより気持ち高出力に設定されています。トランスミッションは6速MTを採用します。PGM-FIのマッピングが更新され更に燃費とレスポンスが向上し、始動もセルスタートで簡単になっています。燃料タンクは12Lと比較的余裕の有るサイズです。
フレームはスチール製のトラスフレームでこれは新設計の物を使用しています。スイングアームもマイナーチェンジに伴い、13mm延長したことでよりコーナーリング性能を高めています。

車両重量は乾燥重量で135kg有り、エンジンパワーも考えると強烈な加速というわけにはいきませんが、倒しやすく曲げやすさを感じる軽めの車体です。シート高は787mmで、足つき性は良好と言えます。ポジションも適度に前傾のかかったレーシーさが有ります。
国内での本命はやはりCBR250RRかと思いますが、こちらも低価格なスポーツバイクとして面白そうな逸材です。

 

www.youtube.com

現地のプロモーションビデオもやはりサーキットを強く意識した物になっています。アジア向けだからかゴリゴリ盛った感じになっていますが。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

ホンダのバイク一覧

ホンダ CBR125R

ホンダ CBR250RR

ホンダ CB150R

ヤマハ R-15