読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ヤマハ SCR950はここが凄い!!

ヤマハ SCR950

北米のヤマハより、BOLTをベースにした新しいネイキッドバイクが登場しました。ダートトラッカーのエッセンスも入ってベースとはまた異なるワイルドな雰囲気を醸しだしています。

 

ヤマハ SCR950

大柄な車体に小振りな丸目一灯とややレトロな雰囲気。クルーザータイプのBOLTに対し、SCR950はスクランブラーのスタイルとしてまとめられています。シートはフラットな物に交換され、リアにかけてシュッと綺麗な直線状に繋がっています。大排気量のVツインエンジンというのもいかにもアメリカ受けしそうなエンジンです。車体はコンパクトに見えますが、エンジンがとても大きく密度が有り、非常にメカの迫力が有るバイクに仕上がっています。フレームはエンジン下部へダウンチューブがぐるっと回るダブルクレードル方式で、これもレトロな雰囲気を演出しています。フォークはフォークブーツが設けられ、キャスター角も28.4度とわずかに立てられました。リアサスペンションは別体タンク付きの物が車体両側に取付けられています。SCR950のサスペンションのセッティングは郊外の未舗装路での走行も想定しているとのことです。

ヤマハ SCR950

SCR950に搭載されているエンジンは942cc空冷60度バンクV型2気筒となっています。BOLTとボアストローク比等の数字に差異は無く、北米ヤマハのページでは馬力の記載は有りませんが、ベースの52馬力からそれほど離れてはいないはずです。トランスミッションは5速MT、駆動方式はベルトドライブ式を採用しています。金属が摩擦するチェーンドライブ式に比べると、ゴムのベルトを使用する分振動面で有利です。また給油等のメンテナンスの手間は少なくなります。オイルの飛散等汚れは少ない方式ですが、反面スプロケット交換は容易には行えない仕組みです。ホイールはフロント19インチ、リア17インチ仕様で、BOLTからリアタイヤのみインチアップしています。キャストホイールだったBOLTから、SCR950はスポークホイールに換装されました。タイヤもオフロード走行を考慮した物を履いており、ちょっとした未舗装路なら難なくこなしてくれます。

 

www.youtube.com

SCR950の価格は、現地のアメリカドル価格で8699ドルと、既に販売されているBOLTと同等といった感じです。先日発売したXSR900よりもこちらはよりクラシカルなスタイルを追求しており、カジュアルな装いも似合いそうな渋いモデルとなっています。

関連記事

ヤマハ XSR700

BMW F800R

スズキ GSR750

ヤマハのバイク一覧はこちら