読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

デルビ GPR50はここが凄い!!

DERBI GPR50

DERBIの50ccSS、GPR50。排気量的には最小クラスですが、自動車免許でも搭乗出来る為、遊び用のバイクとしてもチャレンジしやすいのが特徴です。

スペイン生まれの50ccSS

DERBI GPR50

スタイリングは同社の125cc、GPR125と同一ですね。大きめの2眼ライトにエアダクトで、レーサー的な雰囲気を上手に表現しています。見た目にはかなりシートは高そうです。実際の数値は810mmとそこまで過剰では有りませんが、50ccのミニバイクとしては高く感じるかもしれません。SSですから当然ハンドル高も低く、ライディング中の前傾姿勢は強めとなっています。

サスペンションは40φの倒立フォーク、リアはモノショックで、サスストローク量はフロント110mm、リア120mmとロードスポーツらしい数字に設計されています。ブレーキは300mと218mmのシングルディスク。フロント側は更にラジアルマウントキャリパーで、剛性の高い作りが特徴です。ホイールは前後17インチ、タイヤは前100/80-17、後130/70-17と、馬力を考えると十分な太さのタイヤを履いていますね。タンク容量は13L有り、ツーリングも余裕でこなします。

 

DERBI GPR50

GPR50のエンジンは、49.4cc水冷2ストローク単気筒を使用しています。ボアストロークは39.86mm×40mm、圧縮比は11.5:1となっています。燃料供給はキャブレター、トランスミッションは6速MT仕様です。最大出力が8.5馬力/10000回転と、単気筒ながら上まで回して馬力を稼ぐタイプです。最大トルクは0.6kg-m/9000回転で、パワーバンドは比較的狭く、上手にその間をキープする為にはライダー側のスキルも要求されます。高回転域を上手に使える様になると、独特な2ストサウンドもあいまってかなり楽しませてくれるでしょう。一方、どうしても高回転を多用することから、低回転で静かに走りたい方には向きません。

ホイールベースは1355mmとショートホイールベースで、ワインディングの様なRのきついコーナーの連続する場面は得意です。重量がGPR125よりも10kg軽い110kgとなっているのも見逃せないポイントですね。フルカウルながらモタード並の車両重量の為、下り坂ではなかなかエキサイティングなライディングプレジャーを体感出来そうです。その分、上りではやや我慢が必要になるでしょう。車体の作りは非常に本格派ですから、小排気量バイクの中から旋回性能の高い物となると、GPR50は中々面白い選択と言えそうです。

関連記事

DERBIのバイク一覧

DERBI GPR125

ヤマハ TZR50

リエフ RS3 50

アプリリア RS4 50