読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ホンダ CRF250Rally(ラリー)はここが凄い!!

ホンダ CRF250Rally
Illustration by ぬこさん

コンセプトモデルの頃から話題の一台だったCRF250Rallyですが、この度正式にお披露目となりました。大型スクリーンや各種ガードでラリーマシンを彷彿とさせる小排気量オフロードマシンとして完成しています。

ワークスマシンを思わせる本格オフロード

ホンダ CRF250Rally

ベースとなったCRF250Lと比較すると、スタイリングでまず変更されたのは大小の2眼ヘッドライト、及びそれを保護する大型スクリーンですね。これは見た目もカッコイイですし、風防のおかげでツーリング時の走行風を大幅にカットしてくれる実用性も高い装備です。ダカールラリーで活躍するCRF450Rallyにかなり近いスタイリングを実現しており、ホンダのレーシングスピリットを身近に感じられる良いデザインです。また一般的なオフロードバイクの見た目に飽きていた方にも、他とは明らかに異なるこのデザインはかなり魅力的映るのではないでしょうか。

 

ホンダ CRF250Rally

シュラウドの形状変更、エンジンをカバーする大型のアンダーガード等、兄弟のCRF250Lに比べるとかなりボリューム感がアップしていることがわかります。左側のマフラーカバーの部分は小物入れになっている等、地味に芸が細かい作りです。フロントフォークは相変わらず金色の倒立フォークで非常に高級感が有ります。CRF250RallyではSHOWA製の43φのフォークを採用したことで実際のオフロードでの走行性能を高めています。ホイールもフロント21インチ、リア18インチのスポークホイールでオフロードの走破性は高く、タイヤも選ぶことが出来ます。地上最低高もしっかり確保されており、オフロードで走行不能に陥ることを防いでいます。またCRF250Lに比べるとシート高は20mmアップし895mmになっている様です。諸々の装備の為に車両重量も157kgにアップしている為、足付きや支え易さという点ではCRF250Lの方がわずかに快適性に勝ると感じるかもしれません。タンク容量はラリーマシンの見た目に合わせ、10.1Lと2.4L拡大されたというのはツーリングライダーには嬉しいニュースです。元々の燃費を考えれば確実に50km分は上乗せされています。

 

ホンダ CRF250Rally

エンジンはCRF250Lをベースにした249cc4ストローク水冷単気筒。ボアストロークは変わらず76mm×55mmとなっています。ただしエアーボックスやスロットルボディ、燃料を供給するPGM-FIの改良で最大出力は24.8馬力/8500回転、最大トルクは2.30kg-m/6750回転にそれぞれ向上しました。馬力のパワーアップに加え、パワーバンドも若干広く扱い易い方向に調整されています。

 

f:id:Rustyman:20161111215605j:plain

国内市場のライバルとしてはツーリングセローがこの分野で先行していますが、こちらは外内装をかなり本格的に作りこんできており、後発ゆえの有利さを発揮しています。オンオフ走れてツーリングも快適なバイク、というならこのCRF250Rallyは相当魅力的です。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

ホンダのバイク一覧

ホンダ CRF250L

ホンダ CRF250R

ヤマハ ツーリングセロー

カワサキ KLX250

スズキ DR-Z250