読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ホンダ CRF250L 2017はここが凄い!!

ホンダ CRF250L 2017

ホンダのオフロードは先日発表されたCRF250Rallyが話題となりましたが、そのベースとなったCRF250Lも2017年モデルでマイナーチェンジされることが決まっています。こちらはモトクロッサーのCRF450Rをイメージして、よりスポーティさを増しています。

最新モトクロッサーのエッセンスを加えた軽量オフロード

ホンダ CRF250L 2017

ライト周りを始め、デザイン的には正直CRF250Rally程大きく手を加えられたわけでは有りません。カラーリングは世界のレースシーンで活躍するCRF450Rに似せて、赤を多用するカラーに変化しています。目立つ所ではフォークガード等の配色が変わっており、より鮮やかな見た目に生まれ変わりました。どちらかというと爽やかな雰囲気だったこれまでに比べ、より力強いカラーになっています。

 

ホンダ CRF250L 2017

サスペンションの倒立フォークやリアのプロリンク式モノショック、ブレーキディスク径やホイールサイズ等は全てこれまで通りとなっています。21インチと18インチの組み合わせで、タイヤの選択肢も十分です。写真の様なブロックタイヤの装着で、通勤から週末の林道走行まで楽しめる一台となります。

シート高は今回約10mm程落とされているので、CRF250Lの見た目が気に入っていても足付きに不安の有った方には朗報と言えるでしょう。その割に地上最低高は上がっているので、オフロード走行でエンジン下をヒットし辛い構造になっています。更に車両重量の低下、タンク容量の拡大も若干ながら行われ、よりユーザーフレンドリーなマシンとなりました。

 

ホンダ CRF250L 2017

エンジンは今までと同様、249ccの4ストローク水冷単気筒です。ボアストローク比の修正は行われていません。燃料の供給もPGM-FIを採用しています。今回のマイナーチェンジでスロットルボディがφ38に大型化されているのがポイントです。最大出力は24.4馬力に向上しており、同クラスのWR250RやKLX250との差をわずかに詰めています。元々馬力勝負のマシンでは有りませんでしたが、CRFファンには嬉しいアップデートです。レスポンスの良さも改善され、よりスポーティな味付けをされています。トランスミッションは6速MTで、ギア比も従来の仕様に合わせた物です。

CRF250Lは最新のオフロードバイクらしい見た目の割に価格はかなり抑えられた良いバイクでしたが、今回のマイナーチェンジで更に魅力を増すこととなりました。オフロード走行をこれから初めてみたいという方が最初に選ぶには悪くない選択肢です。

 

ショウエイ(SHOEI) ヘルメット VFX-W TURMOIL (ターモイル) TC-1 (RED/BLACK) S(55cm)-

ショウエイ(SHOEI) ヘルメット VFX-W TURMOIL (ターモイル) TC-1 (RED/BLACK) S(55cm)-

 

関連記事

ホンダのバイク一覧

ホンダ CRF250L 2012

ホンダ CRF250M 2012

ヤマハ セロー250

ヤマハ WR250R

スズキ DR-Z250

カワサキ KLX250